カテゴリー
建設支部

Covid19どうしてる?Ⅲ

支部の泊さんは昨春新型コロナ感染症出現以来、ウィルスや感染症に深く考察を重ねてきました。

冬季を迎えて再度の非常事態宣言に直面し、いまさら聞けない心配事を泊さんに聞いてみました。

<qestion>

ウィルス感染する、と言っていますが、そもそもウィルスって何なんですか?

<answer>

VIRUS=ウィルスはラテン語で「毒」とか「粘液」の意味らしいです。なにやら恐ろしげですが、脂質の膜で包まれた中味はタンパク質でできている目には見えないほど小さいものです。

<qestion>

どのくらい小さいのですか?

<answer>

20~300nm(ナノメートル)です。新型コロナウィルスは直径約100nmの球形で表面に突起があります。

<qestion>

nm、ナノメートル、は?

<answer>

1nmは1m/10.000.000.000つまり1メートルの10億分の1、1mm/1.000.000つまり1ミリメートルの100万分の1

新型コロナウィルスの直径100nm,1ミリメートルの1万分の1、こんなに小さいと普通の顕微鏡では見えず、電子顕微鏡が出来て初めて見えるようになりました。

<qestion>

こんなモンかな、阪大の宮坂先生のご本から無断拝借

カテゴリー
全投稿

元旦府警抗議行動

関西生コン支部弾圧抗議、元旦府警本部前集会に参加。

冷え込んだ正月でしたが沢山の人が集まりました。

参加は400人という発表、大阪支部の国分さんが数えていたのでそうなんでしょうが、まあ200人以上は来ていましたね。

府警本部館内の見物人もいつもより多かったようです。

有罪判決が続く厳しい情勢ですがめげずに頑張りましょう。

カテゴリー
全投稿 建設支部

労働者協同組合法成立に対する連合談話

2020年12月04日労働者協同組合法案の可決・成立に対する談話日本労働組合総連合会事務局長 相原 康伸
1.労働契約締結の義務づけと労働関係法規の適用明確化
 
12月4日、労働者協同組合法案が、参議院本会議において与野党の賛成多数で可決・成立した。同法案は、組合員が出資し、意見を反映して事業が行われ、組合員自らが事業に従事することを基本原理とする労働者協同組合の枠組を法的に整備しようとする議員立法である。労働者協同組合には、代表理事、専任理事および監事以外の組合員との間で労働契約を締結することが義務づけられ、組合員に労働関係法規が適用されることが明確化された。

2.労働関係法規が適用されるとの立法者意思が示されたことは重要
 同法の立法化の過程においては、組合員の労働者としての権利の保障が論点となってきた。近年、労働者協同組合と同様の原理を有する企業組合の組合員について、出資し、運営し、働き、共同で事業を行っていたことを理由として、労基法上の労働者に該当しないとする裁判所の判断が示されたこともあり、労働者協同組合の組合員の労働者性も否定されかねないとの懸念があった。この点について、国会審議において、労働者に該当するか否かは個別事案の具体的実態に応じて判断されるとしつつ、一般的には労働契約を締結した組合員全員に労働関係法規が完全に適用されるとの立法者意思が示されたことは重要である。

3.連合は、働く者の権利を守る立場で意見反映に努める
 今後は法律の施行に向けて、厚生労働省令および指針の議論が労働政策審議会において行われることとなる。剰余金の配当や民主的な組織運営のあり方など、国会審議で指摘された課題や問題点について議論を尽くすとともに、法施行後は法の目的と立法者意思を踏まえた適正な運用を徹底することが求められる。連合は、働く者の権利が守られるようにするとともに、労働者協同組合が不当に悪用されることなく、地域社会と働く者にとって意義のあるものとなるよう、意見反映に努める。

以 上

カテゴリー
全投稿

派遣労働者切り捨て抗議

関西地方本部に所属する阪神支部の派遣労働者の分会の闘いを注視、応援しよう。 

港湾労働では派遣業禁止とされていましたが、数次の派遣法改悪で港湾労働の「検数業務」が派遣の対象となっています。 

検数とは簡単に言うと港湾を通る荷物を数える業務で「港湾運送事業法」という法律で国の許可がいる事業です。 

「日検」という検数事業会社に「日興サービス(以下日興という)」所属の阪神支部、名古屋支部の組合員が長年派遣されていました。 

ところが最近になって日検と日興の取引が派遣ではなく請負で行われていたことが明らかになったのです(太平ビル大阪はすべて請負で、派遣業務はありません)。 

この請負が派遣法の規制を逃れるための「偽装請負」であり、派遣法の規定にある日検による組合員の直接雇用を求めて名古屋地裁で裁判を闘い、この度判決が出ました。 

判決では紛れもない偽装請負と認めたもののなぜか直接雇用を認めない、という不当なものでした。 

と、ここまで読んで何のことか八割がた分からん、という声が聞こえてきます。 

派遣法では「法律の規定の適用を逃れる目的で、請負その他労働者派遣以外の名目で契約を締結」した場合は、日検が組合員に対し「労働契約の申し込みをしたものとみなす」、つまり日興を辞めて日検が直接雇います、と申し込んだという法律上の効果が発生するのです。申し込まれた労働者は請負契約の終了から一年以内に返事をしなければ申し込みは無効になる、という規定が付属しています。(ここ注意) 

この請負契約は判決では、日検による指揮命令などの業務の在り方からも問題なく労働者派遣業務であり偽装請負であることを認めています。 

では何故日検は派遣業務を業務請負としたのかというと、派遣業務だと一定期間派遣で日検に雇用責任が発生することを嫌い、そのようなことのない請負を偽装したものです。判決ではこの点を「労働者派遣法等による規制を回避する意思を示すものでないとするに足る事情は見当たらない」、つまり法規制を回避しようとした、と違法な目的を認めています。 

日検は2006年以降ずっと偽装請負を行っていたわけですが、2016年1月に労働者派遣基本契約に切り替え、同年3月31日に派遣個別契約を締結(この日付重要)しています。請負契約で業務が行われていたことも、途中で派遣契約に切り替わったことも組合員には知らされておらず、別件の不当労働行為を争った大阪府地労委での申し立ての中でようやく2017年4月19日に日検が明らかにしたのです。 

つまり請負契約から労働者派遣契約に切り替わったのは16年1月から3月までにかけてで、労働者が請負契約終了から一年以内に返事しなければならない期日は遅くとも17年3月、ところが日検は大阪府から契約の形態について幾度も釈明を求められたのに答えず、17年4月請負契約終了から一年を超えた途端「請負契約でした」と申し出たのです。 

日検は極めて反労働者的で、規範無視の脱法を旨とする事業体であることはあきらかでしょう。判決はここでも、日検は組合員に「上記みなし申し込み(日検が組合員に雇いますよと申し込み)の効力が消滅するまで当該みなし申し込みの存在を知らせず、・・承諾の意思表示をするか否かという原告(組合員のこと)らの選択権を行使する機会を喪失させ・・・選択権行使機会の剥奪という不法行為を構成するとみる余地がないではない」とまで強烈に述べています。 

名古屋地裁はここまでの判断を示しながら何故か組合の日検に対する直接雇用の要求を否定しました。 

判決の詳細はまたの機会としますが、派遣法をあからさまに無視したこのような日検を追求する闘いは続くようです。注視し、声援を送りましょう。 

カテゴリー
全投稿

西成分会外伝 (by泊さん)その2 日々の暮らしはいやでもやってくるけど

ある日の朝西成労働センター、西成分会が机を出し機関紙「大阪城」で宣伝活動。

泊さんは西成分会の机のほうを少し離れたところからずっと見ている男に気が付きました。

それはこんな人。

誰だか分からないでしょう、泊さんも分からなかったそうです。

「大阪城」配布が終わりかけた7時前、男が声をかけてきたそうです。

泊さんが名前を聞くと「岡本や」とだけ答えました。泊さんはやっぱり分からなかったそうですが。

岡本曰く「あんたこのビラな、一枚で一万人の人を動かせる。でもそうなってない」

それ以上は言わなかったが「わしは分かる」「指南したろうか」「見てられへん」とでも言いたげな雰囲気だったそうです。

この人は後に泊さんがテレビで見かけて「あれこの人」と思った「岡本おさみ」です。

といわれてもまだ皆さん分からんでしょう。で

これなら分かる、森進一が昭和49年紅白歌合戦オオトリで「日々の暮らしはいやでもやってくるけど静かに笑ってしまおう」と絶唱、レコード大賞獲得した「襟裳岬」の作詞家「岡本おさみ」だったのです。

ついでにこの「襟裳岬」を作曲したのは

吉田拓郎でした。

しばらく話した泊さんは次の予定があり帰ろうとすると、岡本は「帰るんか」と心外そうに言ったということです。

西成分会の宣伝活動には有名、無名のいろんな人たちが現れ、論争を吹っ掛けたり、ただ単に、だべったりしていたそうで、泊さんは岡本もそのような一人だと思っていました。「もうちょっと話してもよかったかな」と今も思うそうです。

泊さんは森進一「襟裳岬」がなんといってもグッと来る、同じく岡本おさみ作詞、吉田拓郎作曲「落陽」もなかなか気に入ってるそうですが。

私は岡本作詞、吉田拓郎作曲、桑江知子がカバーしてる「真夜中のドライバー」もええんちゃう、と思うんです。